Skip to content →

借金と離婚問題

これまで共に過ごしてきた夫や妻と、やむなく離婚する……
離婚の理由には様々ありますが、中でも多いのが金銭問題ではないでしょうか。
相手が働かない、ギャンブルや浪費癖などの金銭に関係する問題も離婚の大きな理由の一つです。
結婚したときには考えもしなかった離婚ですが、今後の自分の人生をやり直す意味でも避けては通れない道であることもあるでしょう。

借金による生活苦から離婚を考えることもあるでしょう。
離婚ではお互いの同意が必要になりますが、話し合いで解決しない場合には裁判に発展することもあります。
厳密にいえば、裁判上の法定理由としては、借金はその理由にはあてはまりません。
しかし、以後も婚姻関係を継続しがたいという重大な理由に借金があるのであれば、裁判を起こすことも可能です。
この場合には、借金の理由が一番大きなポイントとなってきます。

相手が働かなかったり、ギャンブルにのめり込んだり、浪費癖による生活苦の果ての借金であれば、正当な理由として認められるケースが多くなっています。
一方、生活においてやむない事情の借金の場合では、その責任はお互いに科せられる可能性も高くなります。

離婚をした場合に配偶者の借金は、お互いに返済義務が生じるのか、ということも大きな問題です。
日常生活上やむない借金であった場合には、財産分与の考え方からもお互いに返済義務が生じることもあります。
一方、日常生活に関係の無い借金であった場合には、連帯保証人や共同名義になっていなければ。支払い義務が発生することはないでしょう。

どちらにしても、離婚手続きでは両者の資産と負債が大きな意味を持ってきますので、必ず確認しておくようにしましょう。

債務整理の費用はいくらでどこが良い?メリット・デメリットを知って決断を!はこちら

Published in 債務整理

Comments are closed.